キャットフードの種類は変えても大丈夫

前へ
次へ

猫は人間のように話せない動物です。「今日のご飯は美味しいけどなんだか食欲がないニャ」「このカリカリはあんまり好みじゃないニャ」なんて猫ちゃんが話してくれたら、飼い主にとっても分かりやすいのですが、そうは行かないのが現実。というわけで、猫ちゃんの嗜好に合わせてキャットフードの種類は変えても良いのか、またその場合に注意することなどをまとめました。

コロコロ変えると胃腸に負担がかかる

猫はもともと食欲にムラがある動物です。昨日までばくばく食べていたキャットフードを突然食べなくなるということも少なくありません。その度に飼い主が、このフードは気に入らないのかもしれない!と別のフードに切り替えると、猫ちゃんがその場では喜んで食べたとしても、胃腸に負担がかかり、下痢になってしまったりする場合があるので注意が必要です。最初から全く食べない、嗜好性に合わないフードというわけではなくて、今まで食べていたものを突然食べなくなった!という時には、すぐに新しいフードを用意するのではなく、猫ちゃんの体調を見ながら様子をみるようにしましょう。

飽きっぽい猫ちゃんには食べ慣れたものをローテーション

基本的には、食べ慣れたフードを毎日食べてくれると、猫ちゃんの健康や飼い主さんのお財布にも安心なのですが、猫はとてもグルメな生き物です。
そんなグルメで飽きっぽい猫ちゃんに振り回されてしまっている飼い主さんも多いでしょう。
食べ慣れていないフードに急に切り替えると、胃腸に負担がかかると前述しました。
ではどうしたら良いのかというと、飽きっぽい猫ちゃんには、何種類かのフードに普段から慣れてもらっておくことが大切です。お気に入りのフードをいくつか準備しておいて、ローテーションで違うフードを与えたり、少しずつ混ぜて与えてみるのが良いでしょう。
大切なのは、あくまで食べ慣れているフードを与えること。そしていきなり全部変えてしまわないことです。

フードを変え続けると、わがまま猫になる!?

猫ちゃんは家族同然!大切な存在です。でも、猫はやはり動物で、しかも頭の良い生き物です。特に嫌いなわけでもないフードなのに、「このフードを食べなかったら、飼い主さんが次はもっと美味しいものを準備してくれる!」と一度理解してしまうと、どんどんわがまま猫になってしまう可能性があります。あくまでフードの切り替えは、猫ちゃんの健康維持をベースに、飼い主さんが主体となってきちんと管理してあげることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フードを変えることは、基本的に悪いことではありません。好きなフードがある猫ちゃんには、1種類のフードを与え続けても大丈夫ですし、飽きっぽい猫ちゃんには、いくつかの食べ慣れたフード与えるようにしましょう。猫ちゃんの健康状態や嗜好は、年齢によっても変化していきます。
一番大切なのは、常に猫ちゃんの様子を観察して、その時に一番食べたいフードを見極めること。フードをどんどん変えないこと。そしてフードを変える時には徐々に少しずつ切り替えて与えること。
以上の点に注意して、大切な猫ちゃんがいつも幸せに美味しいものを食べられるようにできたら良いですね。

ページのトップへ戻る