キャットフードに含まれている糖質の量

前へ
次へ

最近は、穀物が使用されていないグレインフリーのキャットフードも人気がありますよね。しかし、気になるのは糖質の量です。炭水化物は人間にとっては必須のものですから、グレインフリーのキャットフードで糖質は足りるのかな…と、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

実際、猫に糖質はどのくらい必要なのでしょうか。またキャットフードに含まれている糖質の量を算出することはできるのでしょうか。この2点について、確認していきましょう!

猫に糖質はほとんど必要ない!

ねこまんまのイメージから、猫を雑食だと思っている人もいるかもしれません。しかし、猫はもともと肉食動物。動物性たんぱく質を摂ることがもっとも大切で、糖質はあまり必要としないのです。

もちろん、糖質が全く必要ないわけではありません。野生の猫は、捕らえたネズミなどを丸ごと食べます。肉だけではなく胃の中に残っている穀物などもまとめて摂取し、エネルギー源としているのです。

そのため、キャットフードにはわずかな量の糖質が含まれているのが理想的です。
ですが余分に摂取してしまうと、肥満の原因にもなってしまいます。また、猫の体は穀物の消化には適していないため、消化不良を起こして下痢や嘔吐を起こす可能性もあります。

キャットフードに含まれていて大丈夫な炭水化物の量としては、およそ40%。それ以上の量が含有されているのであれば、それは糖質の摂りすぎだといえるでしょう。

炭水化物の含有量の算出方法

成分表を見ても、炭水化物の含有量は記載されていません。しかし、炭水化物以外の成分の含有量は明記されているため、それらの値から、以下の計算式で算出することができます。
炭水化物(%)=100ー水分(%)ータンパク質(%)ー脂質(%)ー灰分(%)

炭水化物や糖の量についての記載がないのは、その義務がないため。猫にとっては、それほど必要性の低い栄養素なのだということがいえるでしょう。

糖質の摂りすぎに注意しよう!

キャットフードの中には、主原料としてトウモロコシなどの穀物が用いられているものも多くあります。しかし、この目的は安価な材料でキャットフードを大量生産して利益を上げること。猫の健康のために栄養バランスを考えて穀物を使用しているわけではないのです。

糖質を多少摂取しても問題はありませんが、糖質の摂りすぎは体に毒です。キャットフードを購入するときには、必ずどのくらいの炭水化物が含まれているのかを確認しましょう。正しくキャットフードを選べば、かわいい愛猫も元気で長生きしてくれますよ!

ページのトップへ戻る