安全無添加のキャットフードを選ぶために

前へ
次へ

猫を飼っている人であれば、安全なキャットフードを食べさせてあげたいと考えるのは当然のことですよね。キャットフードを選ぶ上で気をつけたいのが、添加物。キャットフードに関する規制は非常にゆるいため、体に悪い添加物がたっぷり使用されているキャットフードも少なくないのです。

猫を守ってあげるのは、飼い主の役目です。どのような添加物に気をつける必要があるのか、しっかり確認しておきましょう。

避けた方がいいキャットフードの添加物

平成21年の6月に愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律が施行されて以降、添加物を含む原材料名はすべて明記されるようになりました。大切なのは、記載されている添加物を必ずチェックすること。以下に挙げるキャットフードが使用されているキャットフードは、特に要注意です!

BHD(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

BHDとBHTはどちらもよく使用される防腐剤ですが、発がん性が示唆されています。賞味期限が異常に長いものは、これらの防腐剤が使われている可能性が高いので、十分に注意しましょう。

プロピレングリコール

主に保湿作用や静菌作用などを目的に使用される、プロピレングリコール。人間が使用する化粧品や入浴剤などにも、よく使用されています。薄めれば危険性は高くないと考えられているプロピレングリコールですが、原液には非常に強い毒性があり、猫に摂取させると血液に異常が出ることがあります。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、発色剤として使用されます。人間が食べるソーセージやハムにも使用されていますが、発がん性があるといわれています。

赤色102号

赤色102号は、石油を原料に作られているタール色素です。人間では蕁麻疹を起こすことがあり、発がん性も認められています。

グリシリジン

グリシリジンは、甘草の茎や根から抽出される甘味料です。しかし、安全性は確認されておらず、グレーゾーンの添加物だといえるでしょう。人間が口にする食品には使用が禁じられています。

エトキシキン

エトキシキンは防腐力が強く安価なので、キャットフードにしばしば使用されます。しかし毒性は非常に高く、日本では農薬としての使用も禁止されているほど。エトキシキンに関してはラベルに表示することが義務付けられていないので、「エトキシキンは使用していません」などの記述があるかどうかを確認しましょう。

安全なキャットフードを食べさせてあげよう!

添加物のなかには、猫の食いつきをよくするためのフレーバーなどもあります。そのため、安全無添加のキャットフードに切り替えると食いつきが悪くなることもあります。

しかし、添加物が猫の健康に悪いことは間違いありません。安全無添加のキャットフードに徐々に慣らしていけば、添加物たっぷりのキャットフードには食いつかなくなります。

猫にこれといった問題が見られなくても、添加物を摂取し続けることによって健康被害が起こることは十分に考えられます。かわいい猫に元気で長生きしてもらうためにも、安全無添加のキャットフードを食べさせてあげましょう!

ページのトップへ戻る