高いキャットフードと安いキャットフードの違い

前へ
次へ

キャットフードの価格

キャットフードの多様化が進み、キャットフードの価格も商品によって大きく異なってきました。100円で買えるものから、3000円以上かかるものまで様々です。しかし、高いキャットフードと安いキャットフードの明確な違いがわからない方も多くいるのではないでしょうか。

キャットフードの価格を左右する3つの要因

原材料や産地の違い

高いキャットフードの場合、使用されている原材料に大きなこだわりがあります。高級キャットフードと呼ばれる商品に使われているお肉は、ほとんど人間が食べても問題がないものばかりです。それどころか、かなり高級なお肉を使用しているキャットフードも増えてきました。また、お肉の産地にもこだわっており、国産肉やヨーロッパ産の安全なお肉を使用しています。そのため、ペットも良質なタンパク質を摂取することができ、健康な体づくりをサポートしてくれます。
一方で、安いキャットフードの場合、価格を抑えるため、本来は捨てられるはずのお肉を使用したり、人間が食べることの出来ない部位を使用していることが多いです。ミンチ状に加工しているため、食べやすくはなっているものの、粗悪なタンパク質のため、栄養失調や病気になる可能性が高くなります。健康面を気遣うのであれば、高いキャットフードを選んだ方が安全です。

キャットフードの主成分の違い

キャットフードの値段によって、主成分も大きく異なります。市販で売られている安いキャットフードのほとんどはコスト削減のために、主成分が穀物となっています。しかし、猫は穀物を消化しにくいという体質を持っています。そのため、穀物メインのキャットフードは老廃物がたまりやすく便秘や下痢の原因となることがあります。
一方で、値段の高いキャットフードの多くは、お肉が主成分となっています。猫は本来肉食動物であるため、魚や動物の肉からタンパク質をしっかり摂取することが重要です。また、タンパク質は猫にとって消化しやすいという特徴があり、日常生活のエネルギー源として欠かせない栄養素です。お肉が主成分となっているキャットフードを積極的に与えることは、猫にとっても非常にメリットが多いことが分かります。

品質管理の違いとは


キャットフードにおいて、品質管理は非常に重要なものです。しかし、安いキャットフードの多くは、品質管理の基準が甘く、安全を徹底しているとは言えません。また、海外の工場で生産していることが多く、衛生面から見ても不安要素があります。逆に、高いキャットフードの場合は、衛生面から見ても、基準やチェック項目が厳しく設定されており、管理が徹底されています。そのため、食中毒などの健康被害のリスクも少なく、安心してペットに与えることが出来ます。

まとめ

このように、高いキャットフードと安いキャットフードには、健康面、安全面、衛生面に大きな差があります。値段が安い分だけ、ペットの健康や安全に対するリスクは高くなるのです。キャットフードを選ぶ際は、値段だけでなく成分や品質管理の部分も着目することが重要です。

ページのトップへ戻る