食いつきのいいキャットフードの選び方

前へ
次へ

キャットフードを買っても食いつきが悪いと、悩んでいる飼い主さんもいると思います。ご飯を食べないのは、猫の体にとって非常によくありません。食いつきの良いキャットフードを選んで、かわいい猫の健康を守ってあげましょう!

主原料が肉や魚のものを選ぶ

キャットフードの原材料をチェックすると、「穀物」と記載されていることがあります。穀物とは、小麦や大麦、米、玄米、とうもろこしなどのこと。穀物は肉や魚よりも安く手に入れられるため、カサ増しに利用されていることもよくあります。

しかし、猫はもともとは肉食動物。肉や魚が主原料のキャットフードのほうが、食いつきが良いのです。もっともオススメなのは、グレインフリーのキャットフード。穀物が一切使用されておらず、良質なタンパク質をたっぷりと与えてあげることができますよ。

穀物の割合が多いキャットフードは猫の健康にもあまり良くありません。猫は穀物の消化が得意ではないため、消化不良を起こして下痢や嘔吐などの症状を起こすこともあります。このことを考えても、主原料が肉や魚であることはキャットフードを選ぶうえでの重要な基準だといえるでしょう。

ウェットフードを選ぶ

賞味期限の長いドライフードを買っている人も多いと思いますが、食いつきを良くしたいのであればウェットフードを選ぶのもオススメです。ウェットフードは自然な食感が楽しめるため、猫の嗜好性も上がります。

しかし、ウェットフードはドライフードに比べて割高です。ウェットフードばかりでは家計が厳しいという人もいることでしょう。そんな時は、ドライフードとウェットフードを混ぜて食べさせてみてください。ぐっと食いつきが良くなりますよ。

添加物の多いキャットフードには要注意!

キャットフードを選ぶうえで、食いつきの良さはとても大切です。しかし、食いつきが良ければ体にも良い、というわけではありません。

キャットフードのなかには、たくさんの添加物を使用しているものも多くあります。猫の食欲をそそるような添加物が含まれていれば当然食いつきはよくなりますが、体には毒ですよね。添加物の多い濃い味に慣れてしまうとナチュラルフードを食べなくなってしまうことがありますが、猫のためにも徐々に無添加キャットフードに切り替えていきましょう。

安全で食いつきのいいキャットフードを選ぼう

良いキャットフードを選んでもあまり食いつきが良くないときもあります。その場合は、猫の嗜好によるものだと考えられます。違うキャットフードを試してみるといいでしょう。

また、どれだけ食いつきが良いキャットフードでも安全でなければ意味がありません。添加物たっぷりのキャットフードは、かわいい愛猫には食べさせられないですよね。猫にとって安全で、かつ食いつきの良いキャットフードを与えてあげましょう!

ページのトップへ戻る