キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと

前へ
次へ

かわいい愛猫の健康を守るためには、キャットフード選びは非常に重要です。これを間違えると、毛のツヤがなくなったり、アレルギーになったり、ひどい場合には重い病気にかかったりしてしまいます。キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいことを、確認してみましょう。

キャットフード選びで気をつけるポイント

原材料を確認する

肉類

まず注意したいのは、肉類の項目です。ここに「ミートミール」「肉の副産物」「家禽副産物粉」などの表記があるキャットフードは絶対に避けるようにしましょう。

これらは全て、体に取り入れるのが望ましくないもの。病死した動物の肉や、骨や内臓、さらにはクチバシや糞尿まで含まれている可能性があります。人間が食べられないものを溶かしたり混ぜたりしているのですから、当然猫の健康に良いわけがありませんよね。

添加物

また、添加物にも注意が必要です。賞味期限が長いキャットフードは添加物がたっぷりと含まれている可能性があるので、購入前にしっかりと確認しましょう。

気をつけたい添加物の一つ目は、合成酸化防止剤の「エトキシキン」。発がん性があるといわれており、日本では食品添加物として認められていません。エトキシキンはラベル表示の義務がないので、「エトキシキンは使用していません」などと明記されているものを選びましょう。

防腐剤である「BHD」や「BHT」も要注意です。これらも近年になってがんを誘発する可能性が指摘されているため、極力避けることをおすすめします。近年は、添加物を使用していない無添加のキャットフードが注目されています。

穀類?

キャットフードのなかには、原材料に「穀物」と表記されているものも多く見受けられます。しかし、猫はもともと肉食動物。穀物の消化に適した体ではありません。そのため、穀物を取りすぎると下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。また、小麦やトウモロコシが原因でアレルギーを起こす猫もいるようです。

さらに、穀物を多く含んだキャットフードを与えていると、猫が肥満になるリスクが上がってしまいます。これは、肉や魚などの満腹中枢を刺激するものの分量が少ないため。猫がついついキャットフードを食べ過ぎてしまうのです。肥満になると様々な病気のリスクが上がるので、当然健康には良くありませんよね。

キャットフードの穀物が大量に含まれている理由は、生産コストを抑えて安く売るためです。 かわいい愛猫に、そのようなキャットフードを食べさせたくはありませんよね。猫の健康を一番に考えるのであれば、穀物の含まれていないグレインフリーのキャットフードを選ぶと良いでしょう。

容量の少ないものを購入する

気がつきにくいのが、内容量についてです。キャットフードを買う時には、つい2kgや4kgなど大容量のものを購入してしまいがちです。複数飼いしている場合にはそれで問題ありませんが、一匹だけの場合には1kg以下のものを購入するのが良いでしょう。

ジッパーが付いているとしても、最後の方はどうしても酸化が進んでしまいます。猫の健康を考えたら、より新鮮なものを与えるのがベスト。内容量の少ないものを購入して、フレッシュなキャットフードを食べさせてあげましょう。いつでも新鮮なものをあげるには食べきりタイプのキャットフードなど小分けになったタイプもおすすめです。

愛猫のために正しいキャットフード選びを

キャットフードの選び方を間違えると、猫の健康を害してしまいます。理想的なのは、人間が食べても問題のない原材料から作られたキャットフードを新鮮な状態で与えること。つい家計に優しいキャットフードを選びたくなってしまいますが、安いには安いなりの理由があります。多少値が張っても、かわいい愛猫の健康を最優先してあげましょう。正しくキャットフードを選べば、元気に長生きしてくれるはずですよ!こちらに評判の良いキャットフードが紹介されています。多くの愛猫家たちから支持されているキャットフードは素材にこだわって作られているものが多いため、安全性が高いといえます。どれを選んだらいいのか迷ったときはぜひ参考にしてください。

ページのトップへ戻る