良質なキャットフードの見分け方

前へ
次へ

かわいい愛猫には、質の良いキャットフードを食べさせてあげたいですよね。正しくキャットフードを選んで与えていれば、病気にもならずに元気なままでいてくれるはずです。

しかし、キャットフードのパッケージには良いことしか書いてありません。どれがいいのか悩んでしまう飼い主さんも多いことでしょう。

キャットフードの中には粗悪なものも存在するので、値段や見た目で適当に選んではいけません。良質なキャットフードの見分け方を、しっかり押さえておきましょう!

まずは成分表を確認しよう!

キャットフードを選ぶときには、まずは成分表を見るようにしましょう。このときに確認しなければいけないのは、大きく分けて以下の3点です。

4Dミートが含まれていないか

キャットフードを選ぶときにもっとも重要なのは、4Dミートが含まれていないことです。4Dミートとは、死んでしまった動物の肉、病気だった動物の肉、死にかけだった動物の肉、そして障害のあった動物の肉の総称です。人間の口には決して入れられないものばかりですよね。

成分表に「家禽副産物」「ミールミート」「肉副産物」などの記載がある場合には、絶対に購入してはいけません。4Dミートが含まれている可能性があるからです。「チキン」「サーモン」など、原材料がわかりやすく明記されているものを購入するようにしましょう。

添加物が使用されていないか

猫がおいしそうにキャットフードを食べていると、質が良いのだと思うかもしれません。確かに、良質なキャットフードであれば猫の食いつきは良いはずです。しかし、猫の食欲をそそるための添加物がたっぷり含まれているために、猫が食いついている可能性もあるのです。

添加物が体に悪いのは、周知の事実です。そして、それは猫にとっても同じ。添加物を摂りすぎると、体に悪影響が出てきてしまいます。特に注意したいのは、BHA、BHT、エトキシキン、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウムなど。いずれも発がん性が示唆されていたり、血液に影響があったりするものです。

猫の健康のためには、やはり無添加のキャットフードがベスト。添加物の味に慣れてしまっている場合は、初めはあまり食べてくれないかもしれません。しかし、それまで食べさせていたキャットフードに少量混ぜれば食べてくれるはず。少しずつ量を増やして、無添加のキャットフードに切り替えていきましょう。

穀物が多すぎないか

猫は、ライオンやトラと同じ肉食動物です。ねこまんまのイメージがあるので意外かもしれませんが、猫の体は穀物を消化するのに適した構造にはなっていません。にもかかわらず、市場には穀物をたっぷり使用したキャットフードが多く出回っています。これは、穀物が肉や魚よりも安価で手に入れられるため。穀物でカサ増しすることにより、低価格でキャットフードを販売しているのです。

しかし、穀物を多く使用したキャットフードを食べさせていると、消化不良により下痢や嘔吐を起こすことがあります。また、猫によってはアレルギー反応を起こすことも。多少の穀物であれば問題ありませんが、穀物の摂り過ぎは猫にとって百害あって一利なしです。

もっともオススメなのは、グレインフリーのキャットフードです。穀物が使用されていないので、猫の本来の食事に非常に近くなります。これなら、かわいい愛猫にも安心して食べさせることができますね。

国産のキャットフードは要注意!

国産というと、品質が高く安心なイメージがありますよね。確かに、日本のものは世界的にみても質の高いものが多いと思います。しかし、残念ながらキャットフードに関してはそうとはいえないのです。

日本では、人間が口にするものについては厳しい規制があるものの、ペットの餌については規制が非常にゆるいのです。そのため、粗悪なキャットフードも簡単に市場に出回ってしまいます。このことを知らない飼い主さんは、知らず知らずのうちにかわいい愛猫に質の悪い食事を取らせているのです。

一番オススメしたいキャットフードは、イギリス産のもの。イギリスは動物愛護の先進国です。ペットの餌に関しても、法律でしっかりと規制がされています。キャットフード選びに迷ったら、イギリス産のものを選べば間違いないといえるでしょう。

良質なキャットフードを食べさせよう!

一口にキャットフードといっても、その中身は様々。猫のためを考えて作られた良質なキャットフードもあれば、利益だけを考えて作られた粗悪なキャットフードもあります。かわいい愛猫に食べさせてあげたいのは、当然良質のキャットフードですよね。

質の良いものを食べさせてあげれば、猫は元気で長生きしてくれます。キャットフードの中には猫種別キャットフードもあり、それぞれの猫種ごとの特徴に合わせた成分を配合しているフードもあります。 少しでも長くかわいい猫と過ごすために、正しくキャットフードを選んであげてくださいね!

ページのトップへ戻る