キャットフードは高価なものの方が安心か?

前へ
次へ

キャットフードは、安価なものから高価なものまであります。キャットフードは高価なものの方が安心だと決めつけても良いのか、安価なものは安心できないのか、ご紹介しましょう。

そもそもドライキャットフードとウェットキャットフードは価格帯が異なる

ドライキャットフード

一般的に、ドライキャットフードの方がウェットキャットフードより保存が利いて、安価な製品が多いです。
そして総合栄養食品のドライキャットフードは、栄養面から見ても猫の身体に欠かせません。
ちなみに、ドライキャットフードは輸入製品も多いですが、「AAFCO給与試験合格品」等ラベルに書いてあるものは安心の目印になります。
但し、安価すぎるドライキャットフードの中には、着色料や人工的な香料、酸化防止剤など、猫の身体に良くないものが多量に含まれている場合もあります。
また、海外からの輸送の段階で、素材が傷んでしまったので、価格が安くなっている場合もあります。

ウェットキャットフード

一方、ドライキャットフードよりも高価なウェットキャットフードは、肉や魚といった素材の風味や香りが強く、素材本来のものに近い食感を楽しめますので、猫の嗜好に合います。
ウェットキャットフードの風味に魅せられてドライキャットフードを食べなくなる猫もいるくらいです。
しかし、いくら猫の嗜好に適していても、一般食のウェットキャットフードばかりあげていては、栄養が偏って病気の引き金になりかねません。
また、ドライキャットフードと同様、化学合成された酸化防止剤や添加物などが多く含まれている可能性もあります。ドライキャットフードよりも比較的高値だからといって、安心できるわけではありません。

キャットフードの価格は素材で決まる!

キャットフードの価格は、その原料の素材の質や、含まれる添加物の量によって決まってきます。
原材料の仕入れ値の価格帯が、そのまま消費者に届く価格に比例しているというのが一般的です。
つまり、消費者に届く頃のキャットフードの価格帯は、原材料の素材の質に正比例し、猫の身体に良くない添加物(亜鉛等猫の身体に害のない添加物を除く)や保存料の使用量に反比例するというわけです。
香りや風味が良くて新鮮な素材を原材料にしようすると、どうしても原材料の仕入れ値が高くなってしまいます。
高級品になってくれば、素材の新鮮さだけでなく、香りや風味、産地にまで拘っているものも多いのです。オーガニック食材として原材料になる鶏や牛の飼料にまで拘っているものもあります。
このように、高級なウェットキャットフードは、できるだけ自然に近い素材の力で、猫が好む風味や香りを維持する努力を怠りません。この努力がキャットフードを高価にしてしまう理由です。
反対に、猫の身体に良くない添加物や酸化防止剤等の保存料、4Dフードを使えば使うほど価格を安くすることができます。
極端に安価なキャットフードには、安価にできる理由があると思った方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
確かにドライキャットフードもウェットキャットフードも高価なものの方が安価なものより安心できる可能性が高いのも事実です。
ですが、いくら猫を子供のように愛していても、経済的な理由で継続して与えることが難しいこともあります。
中には、安全で高級なキャットフードをネット販売することで人件費を徹底的に削減したり、年に数回特売をしたりと、安く売る努力をしているショップもあります。
猫に良いキャットフードを少しでも安価で手に入れるために、信頼できるショップと、猫の身体に良い原材料を見極める知識を持っていることが重要です 。

ページのトップへ戻る