質の悪いキャットフードの見分け方

前へ
次へ

キャットフードは色々なものが販売されており、どれがいいのか悩む人も多いと思います。しかし、中には粗悪品があるのも事実。猫の健康を考えると、有名だから、安いから、という理由だけでキャットフードを選んではいけません。質の悪いキャットフードの選び方をしっかり確認しておきましょう。

質の悪いキャットフードは何で見分ける?

原材料をチェック

購入する時には、必ず原材料をチェックしましょう。特に注意したいのは、「4Dミート」と呼ばれているものです。4Dミートとは、死んだ動物の肉、病気の動物の肉、死にかけの動物の肉、障害のある動物の肉の総称。人間の口には決して入れられないものです。しかし、粗悪なキャットフードにはこの4Dミートが含まれていることがあり、獣医師も最も危険視しているのです。

原材料に「家禽ミール」「ミートミール」「肉副産物」などの表記がある場合には、4Dミートが含まれている可能性があります。チキンやサーモンなど、使用している肉を明記しているものを購入するのがいいでしょう。

添加物をチェック

キャットフードに入っている添加物は、簡単な方法でチェックすることができます。少量のキャットフードを水に浸し、一晩置いてみてください。この時に、色が滲み出たら着色料が入っています。虫が寄ってこなければ、防虫剤が入っています。そして、数日放置しても腐らない場合には防腐剤が入っています。

添加物に良いイメージがない人は多いと思いますが、人間の体によくないということは当然猫の体にもよくありませんよね。添加物が多いキャットフードは、注意した方がいいでしょう。

また、質の悪いキャットフードには動物の骨や毛、鳥の羽、クチバシなどが入っている場合もあります。ドライのキャットフードを細かく砕き、茶こしに入れて水で溶かしてみてください。茶こしの中に残ったものを観察すれば、余計なものが入っていないかが分かるはずですよ。

猫の便をチェック

便が多く出ることを、気にする人はあまり多くないかもしれません。しかし、良質なキャットフードを食べさせている場合には、便の量は少ないのです。

質の悪いキャットフードには、穀物が多く含まれています。猫は本来肉食動物のため穀物は必要なく、穀物を消化するのもあまり得意ではありません。それでも多くのキャットフードに穀物が含まれているのは、安く大量生産することができるため。穀物の量もキャットフードの3割程度であればあまり問題はありませんが、猫によっては穀物が原因でお腹を壊したりするので注意が必要です。

質の悪いキャットフードでたくさんの穀物を摂取していると、消化できないために便の量が多くなります。猫の便が多いと感じた場合には、キャットフードをチェックしてみましょう。

質の良いキャットフードを選ぼう

残念ながら日本ではキャットフードに関する規制が緩いため、質の悪いものも多く出回っています。人間食だと国産はとても高く評価されているため、国産のキャットフードと書かれているだけで、需要があります。しかし、猫の健康を考えるのであれば質の悪いキャットフードを与えてはいけません。粗悪品をしっかり見分け、良質なキャットフードを食べさせてあげましょう。

ページのトップへ戻る