キャットフードの選び方で猫の老化予防になる

前へ
次へ

何歳になってもかわいらしい猫ですが、猫も歳をとります。猫の老化が始まるのは、7歳頃。猫に長生きしてもらうためには、ここからの過ごし方が大切になります。

老化を予防するためには色々な方法がありますが、もっとも重要なのはやはり食べ物です。正しくキャットフードを選ぶことでいつまでも元気でいてくれますよ。

シニア用のキャットフードを選ぶ

シニア猫になると、若い頃よりも運動量が少なくなります。遊ぶ時間は減り、寝る時間は長くなっていくのです。シニア用のキャットフードは、シニア猫の運動量に合わせてカロリーが控えめになっています。過剰にカロリーを摂ると肥満の原因にもなってしまうので、シニア猫にはカロリーカットは必須だといえるでしょう。

また、シニア用のキャットフードであればシニア猫に不足しがちなカルシウムやタウリンなどの栄養素も補うことができます。
猫は年をとると、カルシウムの吸収効率が悪くなり、骨がもろくなっていきます。そのため、成猫以上にカルシウムを摂る必要があります。
また、動物性タンパク質からしか得られないタウリンが不足してしまうと、眼の障害や心臓障害を起こすリスクが高まります。そのため、特にシニア猫には良質なタンパク質が必須なのです。
猫が年を取ってきたと感じたら、シニア用のキャットフードに徐々に切り替えていくといいでしょう。

グレインフリーのキャットフードを選ぶ

猫は肉食動物のため、穀物の消化が得意ではありません。しかし、安いキャットフードには大量に穀物が使用されているのも事実です。

若い猫でも、穀物の多いキャットフードを食べると消化不良により下痢や嘔吐などの症状が出ることがあります。歳をとると消化能力が衰えるので、さらに大変。消化器官に負担がかかりすぎて、病気のリスクも高くなってしまいます。猫の健康のためにも、穀物不使用のグレインフリーのキャットフードを食べさせてあげましょう。

猫用サプリを与える

キャットフードに加えて、猫用サプリを与えるのも老化防止に効果的です。キャットフードだけでは補いきれない栄養素を、サプリメントで補給してあげましょう。老化を予防するには、グルコサミンやコンドロイチン、DHA、EPAなどが効果的だといわれています。

サプリを与えるときには、猫に気付かれないようにキャットフードに混ぜるのがポイントです。キャットフードに少量だけ混ぜるようにしましょう。また、猫は鼻が敏感な生き物。できるだけ匂いが無臭に近いものを選ぶことをオススメします。

老化のサインを見逃さずに対処しよう!

猫の平均年齢も、徐々に上がってきています。正しい食事を与えれば、猫も元気で長生きしてくれるはず。まずは、老化予防に効果的なキャットフードを選んであげてください。また、運動させることやストレスを与えないようにすることも大切ですよ。

猫をよく観察していると、徐々に老化のサインが見えてきます。あまり遊ばない、食べすぎても太らない、下痢や便秘を繰り返す、毛のツヤがなくなる、などは全て老化のサイン。猫の老化が始まったと思ったら、できるだけ早く対処してあげてくださいね。

ページのトップへ戻る